本文へスキップ

歴史が薫るまち「小牧」

TEL. 0568-39-6123

〒485-0029 小牧市中央1-260

こまき信長まつり


9月21日~23日  こまき信長まつりが行われます


こ ま き 信 長 ま つ り  

~ 信長もめでた中秋の名月 ~

 小牧山城築城450年記念事業のメイン事業として、恒例の小牧山お月見まつり・小牧山薪能・小牧山ランドマークフェスタに、今年は 宵まち楽市楽座、信長・夢フォーラム、小牧バル、小牧山城見市を加え、例年より一層にぎやかなおまつりを開催します。
 期間中(9月21日(土)~23日(月))は小牧駅⇔小牧市役所⇔小牧市市民会館⇔小牧駅 間を無料シャトルバスが運行します
交通アクセスはコチラ

こまき信長まつり

…鑑賞系のイベント…飲食系イベント…体験系イベント…物販系イベント
と   き イ ベ ン ト 内   容
21(土)~23(月) 小牧山お月見まつり
21(土) 小牧山薪能
21(土)22(日) 小牧山ランドマークフェスタ2013
21(土)~23(月) 宵まち楽市楽座
21(土)~23(月) 宵まち楽市楽座 舞台イベント
22(日) こまき信長・夢フォーラム
20(金)~22(日) 小牧バル
22(日) 小牧山 城見市
21(土)~23(月) 小牧城(小牧市歴史館)無料開放 9:00~21:00
22(日) 郷土芸能の披露
21(土)~23(月) 観光ガイド

 ● 小牧山お月見まつり ~ 信長もめでた中秋の名月 ~

 小牧山月見汁   ※要整理券

21(土) 1回目 14:00~
2回目 16:00~
3回目 18:00~
 小牧山月見汁※無料・要整理券
 地産地消小牧で採れた野菜や小牧発祥の名古屋コーチンを使った月見汁です。信長が1563年に小牧山城を築城したことにちなんで1,563食を無料配布します。是非この機会にご賞味ください!  
 ※整理券の配布は各時間帯の1時間前より配布します。
                協力:JA尾張中央小牧女性部

 観 月 会

21(土)
22(日)
19:00~  大きな天体望遠鏡を使って月を観測してみませんか?※参加費無料
                協力:小牧市天文ボランティア

 戦 国 茶 会

22(日)
23(月)
16:00~  秋の名月の下、雰囲気たっぷりの野点をお楽しみください。
 一服:300円
                 協力:小牧市茶道連盟
《 お問合せ先 》 小牧市観光協会  0568-39-6123

 ● 小牧山薪能  ~ 悠久の刻をつなぐ ~

 小牧山薪能は、市制50周年を祝し、平成17年に「小牧山薪能」を開催したところ、市内外から多数の皆様にご来場いただき、小牧山での新たな文化が芽生えました。翌年度以降継続して開催しており、本年で9回目を迎えます。
 幸若舞を好み、敦盛を舞ったと言われている信長ですから、信長が小牧を居城とした時代にも能が演じられていたことでしょう。450年の時を超えて再現される幽玄の世界をお楽しみいただければ幸いです。
◇こちらも必見!!
 薪能開演前に小牧市謡曲連盟や名古屋市立名東高校能楽研究部による仕舞等のセレモニーを予定しております!!

17:45~

 火入れ式

18:00~

 観世流・能
「杜若(かきつばた)」

18:40~

 和泉流・狂言
「附子(ぶす)」

19:15~

 観世流・能
「鞍馬天狗       (くらまてんぐ)」

20:15

 終  演

        《 お問合せ先 》 小牧市 文化振興課  0568-76-1188  当日の連絡先  090-9023-0299

 ● 番 組

                   
 観世流・能 『 杜 若 (かきつばた) 』
◇あらすじ
 諸国一見の僧が都から東国へと志し、旅を重ねて三河国(愛知県)へやって来ます。とある沢辺に杜若(かきつばた)の花が美しく咲いているので、思わず見とれています。
 そこへ、一人の里女が現れ、ここは八橋という古歌にも詠まれた名所であり、昔、在原業平が東下りの際ここで休み、「かきつばた」の五文字を各句の頭において、
『からころも きつつなれにし 
  つましあれば はるばるきぬる
         たびをしぞおもふ』
という歌を詠んだという故事を教えてくれます。その上、旅僧を自分の庵に案内し、泊ってゆくようにすすめます。
 やがて、女は初冠(ういかぶり)に唐衣(からぎぬ)を着て、その姿を見せにくるので、僧は驚いて素性を尋ねます。女は、自分が杜若の精であると明かし、また業平は歌舞の菩薩の化現であるので、その詠歌の功徳により非情の草木も成仏したと告げ、舞をまい、やがて消えてゆきます。
シ  テ 杜若ノ精 清沢 一政
ワ  キ 旅  僧 髙安 勝久
囃  子 竹市 学
囃  子 小  鼓 後藤 孝一郎
囃  子 大  鼓 河村 眞之介
囃  子 太  鼓 鬼頭 義命
後  見 梅田 邦久
後  見 武田 大志
地  謡 武田 邦弘
地  謡 古橋 正邦
地  謡 祖父江 修一
地  謡 本田 勲
地  謡 松山 幸親
地  謡 八神 孝充

            
 観世流・能 『 附 子 (ぶす) 』
◇あらすじ
 主人は外出するにあたり、二人の召使いに附子を預けて、これは吹く風に触れるだけでも滅却(=死)に値するほどの猛毒だから、注意して見張っておくようにと云い付けます。召使いは怖々留守番をするも、段々と中身が気になって…。
流儀・流派によって、両冠者の立ち位置が逆であったり、ぶすの食し方にもそれぞれ特徴がある演目です。本来は『毒』と書いて『ぶす』と読み、現在では『附子』『不須』などの字が充てられています。かつては国語教科書でも取り上げられた、狂言の代表作です。
シ  テ 太郎冠者 佐藤 友彦
ア  ド 次郎冠者 今枝 郁雄
ア  ド 主  人 野村 又三郎
後  見 伴野 俊彦

                   
観世流・能 『 鞍馬天狗(くらまてんぐ) 』
◇あらすじ
 鞍馬山の奥、僧正が谷に住む山伏が、鞍馬寺の人々の花見があると聞いてやって来ます。
 一方、西谷の能力が東谷へ使いに出ますが、丁度途中で、東谷の僧が稚児をつれてやって来るのに出会い、持参した花見への招きの文を渡します。
 一行は西谷に来て、盛りの花を眺め、能力も稚児たちの慰みにと小舞をまいます。
 そこへ以前の山伏が忽然と現れます。
 なんとなく興をそがれた一行はそのまま帰ってしまいます。一人残された沙那王(牛若丸)は、山伏に声をかけ一緒に花を見ようといいます。
 山伏はこの少年が源氏の公達であることを知っており、その境遇に同情し、花の名所を案内してまわります。
 牛若が好意に感謝をしてその名を尋ねると、山伏は、この山に住む大天狗であると名乗り、兵法を伝えるから平家を滅ぼすように勧め、明日の再会を約して飛び去ります。(中入)やがて沙那王は長刀を持ち、りりしい姿でやって来ます。そこへ、大天狗が全国で名だたる天狗をひきつれて現れます。そして、張良の故事を語り、兵法の秘伝を授け、行く末の武運を守ることを約して消え失せます。
     能楽手帖 権藤芳一氏著より

※今回は特別企画として小牧市の小学生の皆様の出演があります。
前 シ テ 山  伏 久田 勘鷗
後 シ テ 天  狗 久田 勘鷗
子  方 牛 若 丸 片山 峻佑
子  方 花  見 小牧市の
小学生の皆様
ワ  キ 東谷の僧 髙安 勝久
間 狂 言 西谷の能力 松田 髙義
間 狂 言 木葉天狗 鹿島 俊裕
囃  子 竹市 学
囃  子 小  鼓 後藤 嘉津幸
囃  子 大  鼓 河村 眞之介
囃  子 太  鼓 鬼頭 義命
後  見 武田 邦弘
後  見 梅田 嘉宏
地  謡 梅田 邦久
地  謡 古橋 正邦
地  謡 祖父江 修一
地  謡 本田 勲
地  謡 松山 幸親
地  謡 吉沢 旭

 ● 小牧山ランドマークフェスタ2013

 小牧市内保育園・幼稚園児たちの将来の夢や希望を描いた2,900個の灯籠で夜の小牧山城に夢のあかりを灯します。
 子どもたちが一生懸命作った灯籠の道をぜひご覧ください。

 織田信長公も歩いた!?灰取街道
     『清洲城~小牧山城への道 燈火リレー』

21(土)  信長公の想いをこめた燈火を一般市民ランナーにより、清洲城から旧街道をとおり、小牧山城にリレーでつなぎます。

 灯籠手作り体験ならびにオブジェ設置

21(土)22(日)  当日、灯籠手作り体験もできます

 小牧山の麓に織田信長公をテーマに
       モニュメントを作りませんか?

21(土)22(日)  モニュメント作成に参加できます

 夢 風 船

21(土)22(日)  みんなで短冊に夢・希望・願いを書き、風船とともに小牧山城から一斉に空に放ちましょう。
短冊に書いていただく期間
※短冊がなくなり次第終了
21(土) 18:00~20:00
22(日) 13:00~15:00
風船を放つ時間 22(日) 17:00頃
※都合により、実施内容が変更されることがあります
            《 お問合せ先 》 (一社)小牧青年会議所  0568-72-0496  (平日 10:00~15:00)

 ● 宵まち楽市楽座

 楽 市 楽 座

21(土)~23(月)  信長公が治めた尾張・名古屋・知多地域の物産を販売します。

 頂の茶屋

21(土)~23(月)  飲料水、だんご、うどん、信長関連グッズなど販売します。また、ソーシャルゲームの戦国コレクションとのコラボ信長キャラクターなどの小牧限定グッズも販売します。
                   協力:小牧商工会議所青年部OB会
                      ㈱コナミデジタルエンタテインメント

 麓の茶屋

22(日)23(月)  生ビールの他、小牧城信長麦酒などを販売します。
                   協力:小牧小売酒販組合 小牧支部

 名古屋コーチンひきずり試食会 ※要整理券

22(日) 16:00~  名古屋コーチンを使ったひきずりをご賞味ください。(限定450食)
 ※15:00から整理券を配布します。
                   協力:小牧・名古屋コーチンひきずり保存会

 邦楽の披露

22(日) 18:00~  18:00~19:00より小牧山山頂にて開催します
                   主催:小牧市施設活用協会

 ● 宵まち楽市楽座 舞台

小牧山史跡公園内につくられた『第一舞台』と『第二舞台』で三日間にわたり、薪能の他、信長と濃姫を演じた高橋英樹さん、菊池桃子さんのトークイベント、クリス・グレンさんの信長ヒストリア、名古屋おもてなし武将隊やあいち戦国姫隊の演舞、地元小牧の吉五郎太鼓保存会など太鼓演奏会、地域観光PRのご当地キャラクターなどなど、毎日正午より様々な演目が行われます。※23日(月)のみ18:00で終了。     
時間 第一舞台 第二舞台
21日(土) 12:00 オープニングイベント
~夢・チャレンジ始まりの宴~ 憲俊も登場!
12:30
13:00 ご当地キャラクターお出迎え
こまっきー・こまちん・い~わくん・わん丸君が
お出迎えします
13:30
14:00
15:00
16:00 薪能開場・オープニング
17:00 火入れ式 17:45ごろ
小牧山薪能
18:00 観世流・能「杜若」
18:40 和泉流・狂言「附子」
19:15 観世流・能「鞍馬天狗」
18:00
19:00
20:00
時間 第一舞台 第二舞台
22日(日) 12:00 オープニング 地域観光PR
  あいち戦国姫隊
  清洲城武将隊 桜華組
  どじょたん
12:30 あいち戦国姫隊の演舞
13:00 和太鼓「NOBUNAGA450」
      (吉五郎太鼓保存会)
「戦国太鼓」(晴留屋プロジェクト)
450人太鼓with加藤拓三
    (こまき商工会議所女性会)
14:30 よさこい「駒来た!!プロジェクト」(酔夢譚)
15:00 小牧de発信 信長コン
   (こまき婚活プロジェクト)
15:30 清洲城武将隊「桜華組」の演舞 【太鼓演奏会】
   ・一の宮太鼓サークル
   ・ぽんぽこ
   ・かやの木芸術舞踊学園
        舞踊ゆきこま会
   ・高浜市 打だっこ夢童
   ・知多半島和太鼓こころ会
             ほか
16:00 「信長の居城」サミット
(信長公居城連携協議会)
16:30
17:00 グレート家康公「葵」武将隊の演武
17:30 憲俊の大声大会
18:00
18:30 クリス・グレンの信長ヒストリア
19:00 甲冑隊が大集合
19:30
20:00
時間 第一舞台 第二舞台
23日(月) 12:00 オープニング 地域観光PR
  ・名古屋おもてなし武将隊
  ・おけわんこ
  ・「のぶながくん」と
      「よしともくん」
  ・忍城おもてなし甲冑隊
12:30 甲冑隊が大集合
13:00 清洲城武将隊「桜華組」の演舞
13:30 あいち戦国姫隊の演舞
14:00 忍城おもてなし甲冑隊の演舞
14:30 信長の愛した鷹狩り(吉田流鷹狩協会)
15:00 名古屋おもてなし武将隊の演武
15:30 おもてなし武将隊JAPANの演武
16:00
16:30 高橋英樹、菊池桃子が語る
織田信長公
17:00
17:30 フィナーレ
18:00
※雨天の場合、第一舞台の演目(一部除く)につきましては、小牧市市民会館ホールで行いますので、詳しくはコチラのペー ジでご確認ください。
※都合により、出演者・内容が変更になる場合があります

 ● こまき信長・夢フォーラム

 平成25年は、織田信長公が清須から小牧に移り、城下町や小牧山城を築いてから450年という時を迎えます。 これを記念して、お城好きで知られる春風亭昇太師匠による記念落語会、史跡整備の最近の動向や事例について、文化庁記念物課の市原富士夫文化財調査官による講演、小牧山城発掘調査担当者による最新の発掘調査報告を行います。また、最近の小牧山城の発掘調査状況やその成果からうかがえる、信長のまちづくりや小牧山城で描いた夢について、城郭研究の第一人者である奈良大学千田嘉博教授を交えてディスカッションします。

日 時   平成25年9月22日(日) 12:30~15:30  (開場12:00)

会 場   小牧市市民会館ホール(定員 1,300名)

料 金   無料

内 容

第1部 「春風亭昇太師匠の記念落語会」
落語家春風亭 昇太 師匠
第2部 講演「史跡整備-最新の動向と事例-」
文化庁記念物課文化財調査官市原 富士夫
第2部 報告「小牧山城の調査と整備」
小牧市教育委員会小野 友記子
第3部 シンポジウム テーマ「小牧山城-よみがえる信長公の夢-」
パネリスト 小牧市教育委員会教育長 安藤 和憲
落語家春風亭 昇太 師匠
史跡小牧山整備計画専門委員千田 嘉博
小牧市教育委員会小野 友記子
助言者文化庁記念物課文化財調査官市原 富士夫
司会小牧市教育委員会中嶋 隆
詳細ページhttp://www.city.komaki.aichi.jp/event/4707/008665.html
                   《 お問合せ先 》 小牧市 文化振興課  0568-76-1188

 ● 小牧バル

 「街バル」とは、街とバル(スペイン語のBAR)を組み合わせたものです
  地域・街の活性化と飲食店の活性化を目的として地域・街が密着して開催する食べ歩き飲み歩きグルメイベントです
 小牧駅周辺の飲食店で『バルチケット』1枚とひきかえに「一皿の料理と一杯の飲物」をバルセットとして提供します それぞれのお店が工夫して用意したバルセットをお得感を持って味わえるメリットがありますよ
 店舗間の移動はバルチケット提示で無料の“バルミゴン”をご利用いただけます。
 

小牧バルチケット

 5枚綴りのバルチケットをお買い求めいただいた際、バルセットの写真やお店の情報が掲載されたガイドブックと一緒にお渡しします
 ガイドブックを見ながら、どんなお店?チケットの内容は?と、探しながら飲み歩きしましょう!

発売期間: 前売り券販売 平成25年 8月18日(日)~9月15日(日) 
販売価格:チケット1冊5枚つづり   前売り… 3,500円   当 日… 4,000円
販売場所:小牧にぎわい隊事務局(10:00~18:00/水曜定休 TEL0568-76-2111)
     小牧駅前観光案内所(9:00~17:15 TEL0568-39-6123)
     及び一部の参加店舗※詳細は以下ホームページを参照ください
     小牧バル公式ホームページhttp://komaki-bar.jp/         
                          《 お問合せ先 》 小牧にぎわい隊  0568-76-2111

 ● 小牧山城見市

 毎月第3日曜日に開催されている“楽美音 城見市”を9月22日(日)は“小牧山城見市”として、小牧一丁目東~小牧三丁目東までの区間を10:00~17:00までの間歩行者天国にして、“城見市史上最大級規模”で開催します!!

開催日時:9月22日(日) 10:00~17:00
開催場所:ラピオ南側  小牧一丁目東交差点~小牧三丁目東交差点 間
        《 お問合せ先 》 小牧にぎわい隊  0568-76-2111

 ● 小牧城(小牧市歴史館)無料開放

 小牧城(小牧市歴史館)は、こまき信長まつり期間中、無料開放いたしております。是非この機会にご利用ください。
 夜の天守閣からの夜景はなかなかですよ!

期  間:9月21日(土)~9月23日(月)
開館時間:9:00~21:00 ※最終入館時間は20:30
入 館 料 :無料

 ● 郷土芸能の披露

 こまきの郷土芸能である、木遣り・棒の手の披露や、石引き体験、秋葉祭でしか見られない山車の披露などなど、普段はなかなか見ることができない郷土芸能の披露があります!!
時 間  演 目  場 所
14:00石引き体験
(協力:小牧市造園業協会)
小牧一丁目東交差点西側
15:00秋葉まつりの山車小牧一丁目東交差点西側
15:30秋葉まつりの山車のからくりの実演ラピオ東側
16:30木遣り
(常普請木遣り保存会)
小牧一丁目東交差点西側
17:00棒の手
(大草・野口棒の手保存会)
小牧一丁目東交差点西側
18:30秋葉まつりの山車小牧一丁目東交差点西側

 ● 観光ガイド

 9月21日(土)~23日(月)の三日間、観光ガイドボランティアにより、下記コースをご案内します
 参加費用:無料
1.小牧駅周辺コース
所要時間:約 1時間30分集合場所:小牧駅前観光案内所
開催時間:① 13:00~ ② 15:00~ ③ 17:00~
2.小牧山城コース
所要時間:約 1時間30分集合場所:小牧山史跡公園南案内所
開催時間:① 13:00~ ② 15:00~ ③ 17:00~
3.小牧城(小牧市歴史館)館内ガイド
所要時間:約 30分集合場所:小牧市歴史館入口
開催時間:① 13:00~ ② 14:00~ ③ 15:00~ ④ 16:00~ ⑤ 17:00~

 ● 交通アクセス

バ ス 無料シャトルバス  ※9/21~23 こまき信長まつり期間中のみ運行
21(土) 11:00~21:00 22(日) 11:00~21:00 23(月) 11:00~19:00
小牧巡回バス ( 1日/ 200円 )
路線:① ② ③ ④ ⑤ ⑥ の各停留所より、「小牧市役所前」停留所すぐ
名鉄バス ( 片道/ 180円 ) 
「小牧駅」から約 6分
      (片道/ 180円)
「岩倉駅」から約 15分
      (片道/ 290円)
名鉄都市間高速バス利用
名古屋駅 乗車(約40分) ・栄 乗車(約25分) 「小牧市役所前」停留所すぐ

電 車 名鉄小牧線利用 「小牧駅」下車
西へ徒歩約1.2キロ(徒歩約15分)、名鉄バス(約5分)、こまき巡回バス(約11分)
「小牧市役所前」停留所すぐ
(注)名古屋市営地下鉄利用:「平安通駅」で、地下鉄上飯田線・名鉄小牧線へ乗り換え「小牧駅」
名鉄犬山線利用 「岩倉駅」下車
名鉄バス 三ツ渕中・小牧市役所前経由 小牧駅行 (約15分)「小牧市役所前」停留所すぐ

東名高速道路・名神高速道路
「小牧インター」出口から国道41号線を名古屋方面へ「弥生町」交差点を東へ600m(約5分)
国道41号線
小牧市内「弥生町」の交差点を東へ約600メートル

ナビゲーション

ナビゲーション

バナースペース

小牧市観光協会

〒485-0029
小牧市中央1-260

TEL 0568-39-6123
FAX 0568-39-6124
E-mail komaki_kanko@arion.ocn.ne.jp